空気が毎日綺麗な炭の家|マイホームを建てるならコレ

積木の家

長期優良住宅とは

建築模型

環境や生活に配慮した家

神戸市は若い世代からシニア層まで、幅広い世代が住みやすい街として人気です。どんな年代の方が住みやすい街というのは、街の機能がコンパクト化しているというのが、1つの条件となります。駅などの交通機関、ショッピング施設に病院、各行政施設や学校がコンパクトにまとまっていると、移動距離が短くなり生活もしやすいのです。特にシニア層は年齢を重ねるごとに、移動が難しくなります。神戸市は都市や生活の機能が集中している、コンパクトシティなので、幅広い年代の方が住みやすいのです。神戸市で注文住宅を建てる際、「長期優良住宅」に注目してみるのも良いでしょう。長期優良住宅とは2009年に施工された、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」です。従来の家は約30年程度しか、耐用年数は無いと言われてきました。30年おきに注文住宅を建て替えるとなると、金銭手身な負担は重くのしかかります。また、廃材なども多く出て環境的にも問題です。このような事もあり、国では長期に渡り環境や生活に優しい、長期優良住宅の促進を進めています。長期優良住宅で注文住宅を建てるには、様々な条件をクリアしなければいけません。耐震性や耐久性、省エネルギー性などいくつかの条件をクリアしたものが、長期優良住宅として認定されます。永住したいという方も多い神戸市ですので、注文住宅を建てるという場合、長く住む事ができる長期優良住宅を、検討してみてはいかがでしょう。